サプリメントの効果と害

亜鉛トローチでかぜが早くなおる?

結論

 かぜの成人が高用量亜鉛トローチを使うと、かぜ症状の改善が早まります。

 

効果

 ランダム化比較試験3研究(199人、17-61歳、中央値27.0歳)の結果を統合しています。

 かぜ症状期間はプラセボで平均7.3日のところ、高用量亜鉛トローチでは -2.73日(95%信頼区間 -3.3, -1.8)と短くなっています。

 

 検討されていない。

 

文献

メタ分析(Hemilä H, 2016年) *1

 

さらに詳しく 

cmj.publishers.fm

*1:Hemilä H, Petrus EJ, Fitzgerald JT, Prasad A. Zinc acetate lozenges for treating the common cold: an individual patient data meta-analysis. Br J Clin Pharmacol. 2016 Nov;82(5):1393-1398. doi: 10.1111/bcp.13057. Epub 2016 Jul 28.PubMed PMID: 27378206; PubMed Central PMCID: PMC5061795.

統合医療の情報検索はここから

 情報提供です。

 サプリメントの効果についての情報検索は、こちらが便利です。

一般の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

 

 厚生労働省が「統合医療」に係る情報発信等推進事業で作成し、公開されております。

 

 どこから検索すればよいのか、ちょっとわかりにくいですが、サプリメントの成分別で探すときには、こちらからが便利です。

海外のサイト | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

 

 コクランレビューの抄録日本語訳も閲覧できます。

コクラン・レビュー・アブストラクト | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

 

 なかなかすごいです。活用していきたいと思います。

 

骨折予防にカルシウム?

結論

 50歳以上の成人にサプリメントでカルシウムを積極的にとってもらうと、プラセボに比べて、骨折が少ない傾向がみられました。

 

効果

 ランダム化比較試験26研究(69,107人)の結果を統合しています。

 カルシウム群では全骨折の相対危険 0.89(95%信頼区間 0.81, 0.96)、質の高い研究に限ると全骨折の相対危険は 0.96(95%信頼区間 0.91, 1.01)と少ない傾向がみられます。

 部位別の検討では、脊椎については骨折がやや少ない傾向ですが、大腿骨頚部や前腕については骨折はプラセボとほぼ同等となっています。

 

 検討されていない。

 

文献

メタ分析(Bolland, 2015年) *1

 

さらに詳しく 

www.bycomet.tokyo

 

*1:Bolland MJ, Leung W, Tai V, Bastin S, Gamble GD, Grey A, Reid IR. Calcium intake and risk of fracture: systematic review. BMJ. 2015 Sep 29;351:h4580. doi: 10.1136/bmj.h4580. PubMed PMID: 26420387.

内閣府から健康食品についての声明が発表

 内閣府食品安全委員会から、「健康食品」に関するメッセージと報告書がウェブサイトに公開されています。

「健康食品」に関する情報 | 食品安全委員会 - 食の安全、を科学する

 

 注意喚起のため周知することが目的と思われますので、ここにメッセージを引用掲載させていただきます。

「食品」であっても安全とは限りません。
・ 健康被害のリスクはあらゆる食品にあります。身近な「健康食品」にも健康被害が報告されています。 
・ 「天然」「ナチュラル」「自然」のものが、安全であるとは限りません。これは食品全般に言えることです。 
・ 栄養素や食品についての評価は、食生活の変化や科学の進展などにより変わることがあります。健康に良いとされていた成分や食品が、その後、別の面から健康を害するとわかることも少なくありません。

多量に摂ると健康を害するリスクが高まります。
・ 錠剤・カプセル・粉末・顆粒の形態のサプリメントは、通常の食品よりも容易に多量を摂ってしまいやすいので注意が必要です。

ビタミン・ミネラルをサプリメントで摂ると過剰摂取のリスクがあります。
・ 現在の日本では、通常の食事をしていればビタミン・ミネラルの欠乏症が問題となることはまれであり、ビタミン・ミネラルをサプリメントで補給する必要性を示すデータは今のところありません。健全な食生活が健康の基本です。
・ むしろサプリメントからの摂り過ぎが健康被害を起こすことがあります。特にセレン、鉄、ビタミンA、ビタミンDには要注意です。

「健康食品」は医薬品ではありません。品質の管理は製造者任せです。
・ 病気を治すものではないので、自己判断で医薬品から換えることは危険です。
・ 品質が不均一、表示通りの成分が入っていない、成分が溶けないなど、問題ある製品もあります。成分量が表示より多かったために健康被害を起こした例があります。

誰かにとって良い「健康食品」があなたにとっても良いとは限りません。
・ 摂取する人の状態や摂取量・摂取期間によって、安全性や効果も変わります。
・ 限られた条件での試験、動物や細胞を用いた実験のみでは効果の科学的な根拠にはなりません。口コミや体験談、販売広告などの情報を鵜呑みにせず、信頼のできる情報※をもとに、今の自分とって、本当に安全なのか、役立つのかを考えてください。

 ※ 食品安全委員会、医薬基盤・健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」、厚生労働省のインターネットサイトなど

 

続きを読む

月経前症候群にローヤルゼリー

結論

 18-35歳の月経前症候群患者 *1 に2月経周期間ローヤルゼリー1日1000mgを投与すると、プラセボに比べて自覚症状が少なくなっていました。

効果

 月経前症候群自覚症状スコア *2 はローヤルゼリー群では平均23.17点から11.42点、プラセボ群では21.48点から20.27点、両群の平均差で10.54点(95%信頼区間 6.10-14.98)と、ローヤルゼリー群で有意に自覚症状が少ないという効果がみられました。

 有害事象については記載がありませんでした。

文献

ランダム化比較試験(Taavoni, 2014年)*3

 

 

suppl.hatenablog.jp

 

 

*1:医学部学生を対象。倫理委員会承認済み。

*2:The Premenstrual Profile 2005。各症状について0点(症状なし)から3点(何もできないほどつらい)で自己評価。満点の記載なし。

*3:Taavoni S, Barkhordari F, Goushegir A, Haghani H. Effect of Royal Jelly on premenstrual syndrome among Iranian medical sciences students: a randomized, triple-blind, placebo-controlled study. Complement Ther Med. 2014 Aug;22(4):601-6. doi: 10.1016/j.ctim.2014.05.004. Epub 2014 May 13. PubMed PMID: 25146061.

過敏性腸症候群にペパーミントオイル

結論

 過敏性腸症候群患者に2週間以上のペパーミントオイル腸溶カプセルを投与すると、プラセボに比べて全般的な症状や腹痛の改善がみられました。

効果

 全般的な過敏性腸症候群の症状が改善したのは、ペパーミントオイルでは69%に対して、プラセボでは31%と、ペパーミントオイルのほうが2.23倍多く改善したという結果でした*1

 また、腹痛が改善したのも、ペパーミントオイルでは57%に対して、プラセボでは27%と、ペパーミントオイルのほうが2.14倍多く改善したという結果でした*2

 有害事象については、胸焼け、ドライマウス、げっぷ、頭痛、食欲増進などがみられましたが、重篤なものはありませんでした。少なくとも1つの有害事象がみられた人は、ペパーミントオイルでは21%に対して、プラセボでは13%と、ペパーミントオイルで1.73倍多いという結果でした*3

文献

メタ分析(Khanna, 2014年) *4

過敏性腸症候群にはペパーミントオイル? - 地域医療日誌

 

*1:5研究、392人の結果を統合

*2:5研究、357人の結果を統合

*3:7研究、474人の結果を統合

*4:Khanna R, MacDonald JK, Levesque BG. Peppermint oil for the treatment of irritable bowel syndrome: a systematic review and meta-analysis. J Clin Gastroenterol. 2014 Jul;48(6):505-12. doi: 10.1097/MCG.0b013e3182a88357. Review. PubMed PMID: 24100754.

サプリメントの効果と害

 過去のブログ記事 *1 に、サプリメントに関する記事が多くなってきましのたで、ここに集めてみました。

 情報が古くなっているものもありますので、発行日にご注意ください。フォーマットやタイトルなど、一部改変したものもあります。また、リンク切れがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

 今後、「サプリメントの効果」に関する記事はこちらに順次更新していきたいと思います。新たな情報提供のしかたについても、ここで模索していきたいと思います。

 

 薬もサプリメントも、効果は経験的なものではなく、医学論文の積み上げによってのみ評価できるものです。

 治療効果と個別の事例における治療の結果とは、まったく別物です。

 

 どれだけ役立つのかわかりませんが、自分の備忘録として、つづけていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。