ビタミンE・Cには癌予防効果はない

スポンサーリンク

 ビタミンの癌予防効果を検証したランダム化比較試験です。
---------------------------------------------------------------
JAMA. 2008 Dec 9. [Epub ahead of print]
Vitamins E and C in the Prevention of Prostate and Total Cancer in Men: The Physicians' Health Study II Randomized Controlled Trial.
Gaziano JM, Glynn RJ, Christen WG, Kurth T, Belanger C, Macfadyen J, Bubes V, Manson JE, Sesso HD, Buring JE.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19066368

■ 米国の男性医師(14 641名、うち1307名が前立腺癌既往あり)に
ビタミンE 400IU隔日または/かつビタミンC 500mg毎日を投与すると
プラセボに比べて
■前立腺癌および全部位の癌の発生が減るか
■予防、ランダム化比較試験(2×2×2×2 factorial trial)

■結果
平均8年間の経過観察期間 
前立腺癌1008例
 ビタミンE 9.1/1000人年
 プラセボ 9.5/1000人年
 hazard ratio [HR], 0.97; 95% confidence interval [CI], 0.85-1.09; P = .58
 ビタミンC 9.4/1000人年
 プラセボ 9.2/1000人年
 HR, 1.02; 95% CI, 0.90-1.15; P = .80
全部位の癌1943例
 ビタミンE 17.8/1000人年
 プラセボ 17.3/1000人年
 HR, 1.04; 95% CI, 0.95-1.13; P = .41
 ビタミンC 17.6/1000人年
 プラセボ 17.5/1000人年
 HR, 1.01; 95% CI, 0.92-1.10; P = .86

ビタミンE、Cとも肺癌、大腸癌やその他の特定の癌との関連はみられなかった。
---------------------------------------------------------------
 ビタミンEもビタミンCも癌予防には効果が認められませんでした。
 これは2008年8月に発表された論文ですが、効果がなかったということも重要な科学的知見です。健康食品など宣伝効果がある場合には、可能性があるという段階でも派手に報道されますが、結果的に効果が認められなかった場合には、ほとんど取り上げられずにひっそりと消えていくものです。こうした情報も取り上げていきたいと思います。