Milk thistle(ミルクシスル)の効果に疑問

スポンサーリンク

 Milk thistle(ミルクシスル Silybum marianum (L) Gaertneri)はオオアザミの抽出物で古くから肝臓病の治療薬として使われてきたそうです。
 Google検索結果から、よく解説されているページを敬意を表して引用します。
http://www.1ginzaclinic.com/milk_thistle/milk_thistle.html
http://blog.livedoor.jp/scientist_hiro/archives/13069262.html

 Cochraneにsystematic reviewがありましたので、要約のみ読んでみました。
------------------------------------------------------------
Cochrane Database Syst Rev. 2005 Apr 18;(2):CD003620.
Milk thistle for alcoholic and/or hepatitis B or C virus liver diseases.
Rambaldi A, Jacobs BP, Gluud C.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15846671
http://mrw.interscience.wiley.com/cochrane/clsysrev/articles/CD003620/frame.html

■アルコール性肝疾患またはB/C型肝炎の人に
■Mil thistle抽出物を投与すると
プラセボまたは投与なしに比べて
■死亡率は減少するか
■治療、systematic review

■結果
ランダム化比較試験であるが質の低い研究が多かった。二重盲検は46%のみ。
13研究、915人
死亡率 RR 0.78, 95% CI 0.53 to 1.15
肝疾患合併症 RR 0.95, 95% CI 0.83 to 1.09
副作用 RR 0.83, 95% CI 0.46 to 1.50
------------------------------------------------------------
 死亡率、肝疾患合併症に対しては有意差が出ていません。副作用も多くないようです。論文では、milk thistleの効果に疑問、より質の高い研究が必要、と結論づけています。