イソフラボンで肺がん発症は減らない(1)

スポンサーリンク

  イソフラボンと肺がんに関する日本のコホート研究が発表されています。
------------------------------------------------------------
Shimazu T, Inoue M, Sasazuki S, Iwasaki M, Sawada N, Yamaji T, Tsugane S. Isoflavone intake and risk of lung cancer: a prospective cohort study in Japan. Am J Clin Nutr. 2010;91:722–8.

■肺がんにかかったことのない人のうちで
イソフラボン摂取量が多い人は
■少ない人に比べて
■肺がん発症は少なくなるか
■予後、コホート研究

■結果:11年(671,864人年)
年齢、居住地域、喫煙、アルコール、閉経、野菜・果物・魚の摂取量にて調整したハザード比
イソフラボン摂取量を4分位数として、摂取量の最も少ない人に比べて、最も多い人は
男性 0.89 (95%信頼区間0.67-1.19)
女性 0.83 (95%信頼区間0.54-1.29)
------------------------------------------------------------

  日本の保健所を中心に行われたコホート研究 The Japan Public Health Center–based Prospective Study「厚生労働省研究班による多目的コホート研究(JPHC Study)」からの論文です。詳細は http://epi.ncc.go.jp/jphc/

  アウトカム(肺がんの発症)を漏れなく把握されているかが問題になると思います。特に日本のがん登録制度は漏れが多くコホート研究に使えない状況です。(これは大きな問題です。)
------------------------------------------------------------
We identified lung cancer incidence by voluntary reports from local major hospitals in the study areas, and data linkage with population-based cancer registries, with permission. We used
death certificate information as a supplementary information source.
------------------------------------------------------------

  肺がん発症は、その地域の病院からの自発的な報告による、となっています。ここに把握漏れがなかったかどうかが、少し心配なところです。アウトカムが全て把握されてなければ、結果がかわってくるからです。