サプリメントの効果と害

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過敏性腸症候群にペパーミントオイル

ペパーミントオイル
スポンサーリンク

結論

 過敏性腸症候群患者に2週間以上のペパーミントオイル腸溶カプセルを投与すると、プラセボに比べて全般的な症状や腹痛の改善がみられました。

効果

 全般的な過敏性腸症候群の症状が改善したのは、ペパーミントオイルでは69%に対して、プラセボでは31%と、ペパーミントオイルのほうが2.23倍多く改善したという結果でした*1

 また、腹痛が改善したのも、ペパーミントオイルでは57%に対して、プラセボでは27%と、ペパーミントオイルのほうが2.14倍多く改善したという結果でした*2

 有害事象については、胸焼け、ドライマウス、げっぷ、頭痛、食欲増進などがみられましたが、重篤なものはありませんでした。少なくとも1つの有害事象がみられた人は、ペパーミントオイルでは21%に対して、プラセボでは13%と、ペパーミントオイルで1.73倍多いという結果でした*3

文献

メタ分析(Khanna, 2014年) *4

過敏性腸症候群にはペパーミントオイル? - 地域医療日誌

 

*1:5研究、392人の結果を統合

*2:5研究、357人の結果を統合

*3:7研究、474人の結果を統合

*4:Khanna R, MacDonald JK, Levesque BG. Peppermint oil for the treatment of irritable bowel syndrome: a systematic review and meta-analysis. J Clin Gastroenterol. 2014 Jul;48(6):505-12. doi: 10.1097/MCG.0b013e3182a88357. Review. PubMed PMID: 24100754.