サプリメントの効果と害

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経管閉鎖障害予防には葉酸を

葉酸
スポンサーリンク

 

 早いもので、あっという間に12月に突入しました。

 繁忙期になると、なかなかブログに手が伸びなくなります。時間がなくなると、日々のふりかえりとその記録がつらくなってきます。ふりかえり手帳も飛ぶように白紙のページが。悪循環に入らないよう、仕事をさらに効率よく進めていきたいと思います。

 

NTDの発生頻度は?

 

 さて、今回は神経管閉鎖障害(neural tube defects, NTD)について。まずは、どのくらいの頻度でおこるものでしょうか?

 

 これはどのように統計がとられているのかわかりませんでしたので、Google検索しました。平成12年(2000年)の厚生省児童家庭局母子保健課長及び厚生省保健医療局地域保健・健康増進栄養課生活習慣病対策室長からの通知のなかに記載がありました。

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について *1

 

 我が国においては、諸外国と比較して、二分脊椎の発症率が低いこと等の理由から、これまで関連する疫学調査はほとんど行われておらず、また、神経管閉鎖障害のリスク低減のための葉酸の利用について特段の対応は行われてこなかった。

 しかしながら、平成11年に報告された神経管閉鎖障害の発症率が低い中国南部における研究においても、葉酸の摂取が神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるとの調査結果が示されたこと、平成11年度の厚生科学研究において、我が国の二分脊椎の発症率が増加傾向にあることが報告されたこと、さらに今後、食生活の多様化により、食物摂取の個人格差が大きくなり、葉酸摂取が不十分な者が増加する懸念もあること等から、我が国の現状を踏まえた葉酸の摂取による神経管閉鎖障害の発症リスクの可能性について検討する必要性が生じてきた。

 

 当初は発症が少ないとの理由で、疫学調査はされてこなかった、とあります。発生頻度はそのあとに記載があります。

2 神経管閉鎖障害について

 

 神経管閉鎖障害は、主に、先天性の脳や脊椎の癒合不全のことをいう。脊椎の癒合不全を二分脊椎といい、生まれたときに、腰部の中央に腫瘤があるものが最も多い。また、脳に腫瘤のある脳瘤や脳の発育ができない無脳症などがある。

 我が国において神経管閉鎖障害の発症率は、1998年で出産(死産を含む)1万人対6.0、うち二分脊椎は3.2程度とされている。

 

 1万人当たり6.0人という発生率のようです。各国の発生率との比較はこちらの日本産婦人科医会のウェブサイトにありました。

葉酸摂取による胎児異常発生予防 *2

 

 日本では、葉酸摂取の重要性の啓発に対する効果が未だ見受けられず、この10年間で胎児神経管閉鎖障害の発生率は漸増し、アメリカの8倍、イギリスの6倍となっているのが現状である

 

 NTDはふえているようです。これも古いデータに基づく情報ですが。最近の傾向については、たどり着けませんでした。(あるのでしょうか?)

 

葉酸は妊娠前から

 

 NTDには予防策があります。妊娠前から葉酸を積極的に摂取することです。コクランのメタ分析はこちら。

メタ分析(De-Regil, 2010年) *3

 CMECジャーナルクラブの要約があります。

CMEC-TV/ 妊娠前から葉酸を飲んだほうがよいのでしょうか? *4

妊娠前から妊娠12週に葉酸を投与すると出生児の神経管欠損症は少ない

 

 葉酸を投与することでNTDが72%少ないという結果になっています。予防のためには妊娠前からの投与が必要、という点に注目です。

 ただし、0.4mg/日以上の投与で死産が多い傾向のため、過量投与には注意が必要かもしれません。

 

 さきほどの厚生省通知では、このように書かれています。

第5 保健医療関係者の情報提供のあり方について

 保健医療関係者は、葉酸摂取の情報提供を行うに当たり、妊娠可能な年齢の女性等の本人の判断に基づく適切な選択を可能とし、また過度の不安を招かないよう、以下の情報を提供すること。 

ア 妊娠可能な年齢の女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるためには、葉酸摂取が重要であるとともに、葉酸をはじめその他ビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること。

イ 妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること。

 なお、野菜を350g程度摂取するなど、各食品について適正な摂取量を確保すれば、1日0.4mgの葉酸の摂取が可能であるが、現状では食事由来の葉酸の利用効率が確定していないことや各個人の食生活によっては0.4mgの葉酸摂取が困難な場合もあること、最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え0.4mgの栄養補助食品からの葉酸摂取が勧告されていること等の理由から、当面、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる旨情報提供を行うこと。

 ただし、いわゆる栄養補助食品はその簡便性などから過剰摂取につながりやすいことも踏まえ、高用量の葉酸摂取はビタミンB12欠乏の診断を困難にするので、医師の管理下にある場合を除き、葉酸摂取量は1日当たり1mgを越えるべきではないことを必ずあわせて情報提供するとともに、いわゆる栄養補助食品を利用することが、日常の食生活のあり方に対する安易な姿勢につながらないよう周知すること。

ウ 神経管閉鎖障害の児の妊娠歴のある女性に関しては、神経管閉鎖障害発症のリスクが高いことから、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、 医師の管理下での葉酸の摂取が必要であること。

エ 妊娠を計画している女性に関しては、妊娠中のみならず妊娠前からの適切な健康管理が重要であること。すなわち、妊娠中の母体の健康と胎児の健全な発育のため、日頃から多様な食品を摂取することにより栄養のバランスを保つなど食生活を適正にし、妊娠中の禁煙・禁酒が不可欠であること。

 

 食事だけでは難しいようです。サプリメントからの摂取では、0.4mg/日以上にならないよう、十分注意が必要でしょう。

 

神経管閉鎖障害予防には葉酸

  • NTDは1万人当たり6人の発症率である。
  • 妊娠前からの葉酸摂取で72%発症が少ないというメタ分析がある。
  • 葉酸の過量摂取で死産が多くなる懸念があり、サプリメントは1日0.4mgを超えないよう注意が必要である。

 

*1:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

*2:葉酸摂取による胎児異常発生予防

*3:De-Regil LM, Fernández-Gaxiola AC, Dowswell T, Peña-Rosas JP. Effects and safety of periconceptional folate supplementation for preventing birth defects. Cochrane Database Syst Rev. 2010 Oct 6;(10):CD007950. doi: 10.1002/14651858.CD007950.pub2. Review. PubMed PMID: 20927767; PubMed Central PMCID: PMC4160020.

*4:CMEC-TV/ 妊娠前から葉酸を飲んだほうがよいのでしょうか?