ビタミンDで骨は強くなりますか?

スポンサーリンク

 

 ビタミンDについて調べていたところ、タイムリーにもthe Lancet誌今週号にメタ分析が掲載されていましたので、ご紹介したいと思います。

 その前に、これまでのビタミンDの位置づけについて、確認しておきます。

 

ビタミンDに対するこれまでの評価

 

 ビタミンD骨粗しょう症の予防や治療として使われてきました。また、サプリメントとしても広く利用されているようです。

 しかし近年、ビタミンDには骨折予防効果が認められないとする研究が相次いで報告されています。代表的なものとしては、こちらのメタ分析があります。

Avenell A, Gillespie WJ, Gillespie LD, O'Connell D. Vitamin D and vitamin D analogues for preventing fractures associated with involutional and post-menopausal osteoporosis. Cochrane Database Syst Rev. 2009 Apr 15;(2):CD000227. doi: 10.1002/14651858.CD000227.pub3. Review. PubMed PMID: 19370554.

  論文要約はこちらをご参考に。

CMEC-TV/ ビタミンDをとると、骨折を予防できるでしょうか?

 

 カルシウムを併用しないビタミンD単独ではむしろ骨折が多くなっていたという結果です。

 

 また、カルシウムとビタミンDで心血管疾患が多いという気になる報告もあります。

Bolland MJ, Grey A, Avenell A, Gamble GD, Reid IR. Calcium supplements with or without vitamin D and risk of cardiovascular events: reanalysis of the Women's Health Initiative limited access dataset and meta-analysis. BMJ. 2011 Apr 19;342:d2040. doi: 10.1136/bmj.d2040. Review. PubMed PMID: 21505219; PubMed Central PMCID: PMC3079822.

 

 最近の報告から、ビタミンDの効果は懐疑的な流れとなっているように感じます。

 せめて(これまでビタミンDの効果の根拠となっていた)、骨密度については効果がありますよね?という疑問を、今回のメタ分析では確認されています。

 

まさか骨密度までも?

 

 ご紹介するメタ分析はこちら。 骨密度を検討していますので、代用アウトカムの研究です。

メタ分析(2014年)

Reid IR, Bolland MJ, Grey A. Effects of vitamin D supplements on bone mineral density: a systematic review and meta-analysis. Lancet. 2013 Oct 10. pii: S0140-6736(13)61647-5. doi: 10.1016/S0140-6736(13)61647-5. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 24119980.

  • P▶ 成人(平均20歳以上)に対して
  • E▶ ビタミンDを投与すると
  • C▶ プラセボに比べて
  • O▶ 骨密度のベースラインからの変化割合は少ないか
  • T▶ 治療、ランダム化比較試験のメタ分析

《結果》※※

23研究(3930人)の統合

f:id:cometlog:20140113213045p:plain

 

 骨密度でも、ほとんど1%にも満たない差しか検出されていないようです。

 代用のアウトカムですら効果がなかった、ということでは、もう勝負ありというところでしょうか。

 

 著者らの結論は、以下のとおり。まあ、使わないほうがよいですね。

Continuing widespread use of vitamin D for osteoporosis prevention in community-dwelling adults without specific risk factors for vitamin D deficiency seems to be inappropriate.

 

ビタミンDで骨は強くなりますか?

  • 閉経後の女性に対するビタミンDの骨折予防効果は認められていない。
  • ビタミンDで骨折や心血管疾患が多いという報告もある。
  • さらに骨密度についても、プラセボに比べてほとんど差がなかった。