ビタミンDに骨折予防効果はあるのか?

スポンサーリンク

ビタミンDには骨折予防効果はない

 

 ビタミンDに関するコクランのメタ分析が出ています。以前の記事*1でも2009年のメタ分析を紹介していますが、更新されましたので、あらためて見ておきましょう。

メタ分析(Avenell, 2014年) *2

  • P▶ 閉経後の女性または高齢の男性(平均または中央値が65歳以上)に
  • E▶ ビタミンDまたは関連化合物を投与すると
  • C▶ プラセボに比べて
  • O▶ 股関節の骨折は少ないか
  • T▶ 治療、メタ分析

《結果》※※※

53のランダム化比較試験または準ランダム化比較試験の統合(91,791人)

ビタミンD [D2, D3 or 25(OH)D] 対プラセボ(11研究、27,693人)

 股関節骨折

 ビタミンD群:405人/13,809人、プラセボ群:362人/13,884人

 リスク比 1.12 [95%信頼区間 0.98, 1.29 ]

ビタミンD [D2, D3 or 25(OH)D]+カルシウム 対カルシウム(7研究、7,411人)

 股関節骨折

 ビタミンD+カルシウム群:79人/3,700人、カルシウム群:94人/3,711人

 リスク比 0.84 [95%信頼区間 0.63, 1.13 ]

 

 ビタミンDの単独ではむしろ股関節骨折が多い傾向となっています。あまり効果は期待できないようです。ただし、カルシウム併用では股関節骨折がやや少ない傾向となっています。

 

処方薬ではどうか?

 

 それでは、処方薬として使われる活性型ビタミンD3製剤では効果はあるでしょうか?メタ分析をついでに見ておきましょう。

アルファカルシドール

 医薬品名ではワンアルファ、アルファロールなどです。

Alfacalcidol (1-alphahydroxyvitamin D3) versus placebo or no treatment

Hip fracture

One trial found that alfacalcidol (1-alphahydroxyvitaminD3) had no statistically significant effect in reducing the incidence of hip fractures in older people with pre-existing osteoporotic fractures (one trial, 132 participants, RR 0.33, 95% CI 0.01 to 8.04, see Analysis 5.1) (Ishida 2004).

Alfacalcidol (1-alphahydroxyvitamin D3) plus calcium versus calcium

Five trials compared alfacalcidol (1-alphahydroxyvitaminD3) plus calcium versus calcium (Menczel 1994; Nakatsuka 1997; Ones 2007; Orimo 1994; Shiraki 1996). There was no statistically significant reduction in hip fractures (one trial, 113 participants, RR 0.20, 95% CI 0.01 to 4.00, see Analysis 6.1), but there was a statistically significant effect on the development of new vertebral deformity (five trials, 390 participants, RR 0.44, 95% CI 0.21 to 0.96, see Analysis 6.2).

 

 小規模研究が中心で、日本人の論文も引用されています。残念ながらカルシウム併用の有無に関わらず、股関節骨折の予防効果はみられていません。

 

カルシトリオール

 医薬品名ではロカルトロールなどです。

Calcitriol (1,25-dihydroxyvitamin D3) versus placebo or no treatment

Three trials compared calcitriol (1,25-dihydroxyvitamin D3) versus placebo or no treatment (Caniggia 1984; Gallagher 1989; Gallagher 2001). Calcitriol had no statistically significant effect on hip fracture (one trial, 246 participants RR 0.33, 95% CI 0.01 to 8.10, see Analysis 8.1), non-vertebral fracture (one trial, 246 participants, RR 0.42, 95%CI 0.15 to 1.15, see Analysis 8.2), or new vertebral deformity (three trials, 327 participants RR 0.75, 95% CI 0.40 to 1.41, see Analysis 8.3).

 

 残念ながら、こちらも股関節骨折予防効果を示せていないようです。

 

高カルシウム血症に注意

 

 副作用については、

In terms of the results for adverse effects: mortality was not adversely affected by either vitamin D or vitamin D plus calcium supplementation (29 trials, 71,032 participants, RR 0.97, 95% CI 0.93 to 1.01). Hypercalcaemia, which was usually mild (2.6 to 2.8 mmol/L), was more common in people receiving vitamin D or an analogue, with or without calcium (21 trials, 17,124 participants, RR 2.28, 95% CI 1.57 to 3.31), especially for calcitriol (four trials, 988 participants, RR 4.41, 95% CI 2.14 to 9.09), than in people receiving placebo or control.

 

 死亡率には差がなかったものの、高カルシウム血症が2倍以上、とくにカルシトリオールについては4倍以上となっています。

 ビタミンD投与時には、症状だけではなく、血清カルシウム濃度の確認を怠らないようにしたいところです。(結構、忘れられています。)

 

ビタミンDに骨折予防効果はあるのか?

  • 65歳以上のビタミンD単独投与では股関節骨折予防効果は期待できない。
  • カルシウム併用で多少効果は期待できるかもしれない。
  • 処方薬の活性型ビタミンD3製剤でも同じ傾向となっている。
  • 投与時には高カルシウム血症が多いため、注意が必要。

 

*1:ビタミンDで骨は強くなりますか? 

*2:Avenell A, Mak JC, O'Connell D. Vitamin D and vitamin D analogues for preventing fractures in post-menopausal women and older men. Cochrane Database Syst Rev. 2014 Apr 14;4:CD000227. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 24729336.